赤松広隆の訴え(PDFファイルが開きます)

2012年11月25日

明日への責任。

働く場をえることができず、貧困にあえぐ多くの家庭があります。
教育費の負担に耐え切れず、学びをあきらめる若者がいます。
苦しみの中で、希望を持てず、自ら生きることさえ断念する人たちがいます。


拡がり続ける格差社会の中、多くの国民が、暮らしを守り、いのちを育み、未来に夢を抱く。
そんなあたりまえの日常を送ることさえ難しい状況が続いています。


民主党の原点は、こうした社会を変えてほしいという国民の願いです。
政権交代につながった流れのもとの一滴一滴は、まさに一人一人の国民の願いであったはずです。


「構造改革」の名の下で社会保障を削り、地方をないがしろにした自民党政権と、私たち民主党政権との違いは明確です。
政権を担って3年。
しかし、私たちは未だこの日本社会の疲弊や亀裂を修復できていません。
政権与党という立場でみれば、精一杯やったとはいうものの、政権与党としての民主党の未熟さもあったと率直に思います。
だからこそ、変革を求める国民の声はますます強く、大きくなっているのだと考えます。


こうした声にしっかりと耳を傾け、
「いのちと暮らしを守る」国民のための政治を仲間とともにさらにすすめていく。
民主党の原点である国民の願いに寄り添う政策を、あくまで追求していく。


たとえそれが、苦難の道のりであろうとも私は歩みをすすめていきます。
これが私の思いであり、目指すべき方向です。


子供たちに誇れる日本を。
絆.jpg






たゆまぬ改革。
約束の実現へ。
posted by 赤松広隆事務所 at 20:40| 日記