赤松広隆の訴え(PDFファイルが開きます)

2012年09月15日

赤松なう   10:11  in旭川

今日は、北海道へ遊説しています。
羽田を7:55に出発
旭川空港に9:35到着。

……

旭川市 西神楽

佐々木議員と一緒に

気温20℃

農業者との懇談会です。


旭川なう正.JPG

旭川なう2正.JPG

農業者懇談.jpg
posted by 赤松広隆事務所 at 11:22| 日記

2012年09月13日

9月15日、16日の予定追加

9月15日(土)
 9:50 農業者との懇談会(西神楽)
10:50 食べマルシェ旭川農業まつりゾーン(常磐公園)
14:00 街頭演説会(三越・パルコスクランブル交差点前)

9月16日(日)
15:30 愛知3区国政報告会(吹上ホール)
posted by 赤松広隆事務所 at 19:49| 告知

赤松ナウ 15:35


最初はそれぞれ8分の演説です。赤松さんは「党はもっと地方の声を聞くべき」と訴え、党常任幹事会に地方の代表を参加させる考えを示しました。
続いて会場からの質問。最初は大阪維新の会に関する質問です。「維新の会に擦り寄るなら応援できない」との厳しい声です。野田候補は切磋琢磨の相手とのこと。
赤松さんは、
不満の受け皿の相手として人気を博しているのではないか?
「子ども政党」と言ったのは、参議院を無くす、国会議員を半分にするなど簡単にできない重い課題。それを意図も軽々と公約に上げる。それは政権をとるつもりがないとしか思えない。だから子どもの政党と言った。
政党として機能するならば、それは同じ政党同志だから、きちんと対応していく。
と4人の中でも一番はっきりと厳しく答えていました。

写真 (6)正.JPG
posted by 赤松広隆事務所 at 17:04| 日記

赤松ナウ 15:00

候補4人がステージに上がりました。演説者のトップは赤松さんです。会場は満員です。

写真 (5)正.JPG
posted by 赤松広隆事務所 at 17:00| 民主党代表選挙

赤松ナウ 14:30


今日は15:00から大阪のホテルで民主党代表選の立会演説会。ホテルに入る間もなく最後の原稿チェックをする赤松さん。緊張の中でも笑顔を絶やしません。
写真 (4)正.JPG
posted by 赤松広隆事務所 at 16:56| 日記